社員インタビューOさん

入社年度:2019年
担当:営業支援システム開発
 趣味:ゲーム、推理小説、揚げ物
一日のスケジュール
09:00〜 朝礼・メールチェック
09:30~ スケジュール確認
10:00~ 開発業務
11:00~ グループでの勉強会
12:00~ お昼
13:00~ 社内打合わせ
15:00~ 開発業務
17:30~ 業務記録入力・日報作成
17:45~  帰宅

 

風通しの良さを感じる職場

合同説明会や会社見学を通して、居心地の良さそうな会社だと感じたからです。
また、会社見学時の上司と部下の方々との自然なコミュニケーションからは、風通しの良さが伝わりました。実際に定期的な勉強会や懇親会などが開催されており、自分の感じたとおりの雰囲気の職場でしたので、当社を志望して良かったです。

 
開発を通じた技術者としての成長

現在は勤怠管理システムや営業支援システムの開発を通して、主に中小企業の業務効率化のサポートをしています。
特に、入社後最初に任された勤怠管理システム開発では、Raspberry piやPythonといった技術に初めて触れました。開発当初は手探りで進めていましたが、参考書を読んだり先輩に相談したりする中で、自分のスキルの1つにできました。もちろん一筋縄ではいきませんでしたが、その分システムが自分の思い通りに動いたときや、お客様から良い反応がいただけたときにはやりがいを感じます。

お客様との目線を合わせたご提案

お客様との打合せでは、要望や課題に対しサービスやシステムを提案します。
この時、開発者にとっては慣れ親しんだ具体的な技術名も使って説明をしますが、お客様にとっては未知な内容も多く、分かりやすく伝えることはとても大変です。一方で、お客様の持つ業務知識は、私たちにとって初めて触れるケースもあります。このように双方の理解レベルにギャップがある事項は、打合せの中で齟齬がないように認識を合わせる必要があります。
初めての打合せで、この必要性を上司から教わって以来、お客様との打ち合わせでは常に意識しています。

 

 
チーム開発だからこその技術力

将来は、技術力や仕事のノウハウを下の世代に伝えていける人材になりたいです。
私たちの業務は一人だけで進めていけるわけではなく、時には他の方が書いたコードを見て処理を分析したり、エラーが起きているプログラムを分析したりします。人によって書き方に違いはありますが、技術のある方のプログラムは他の人が見てわかりやすく構成されています。一方で、私はまだ仕様通りにプログラムを動かすことに精一杯で、見直すと改善できる点も多いです。
チームで仕事をしている感覚を忘れず、プログラムやマニュアルなどを自然と読む側の視点に立って書くことで、自分の技術力の向上にも繋げたいです。

逆境をチャンスに変える就職活動

世界的な混乱の中での就職活動となり、皆さんは例年の就活生以上に大きな不安を抱えていると思います。
しかし、コロナ禍への企業の対応から組織の体質や将来性などを判断できるチャンスでもあります。
是非、視野を広げて色々な会社を見てみてください。その中から、皆さんが自分の納得できる答えが見つかるよう祈っています。